<< 11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信) | main | 神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生−足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的となっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判は、21日午後も宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で続いた。菅家さんが検察官の調べに虚偽の「自白」を撤回し、震えた声で否認に転じた生々しい様子が録音テープで再生された。午後の公判では、菅家さんが足利事件の一審公判で「自白」から否認に転じる約2週間前の92年12月7日、森川大司元検事が菅家さんを取り調べた際の録音テープなど2本が再生された。
 再生テープによると、足利事件と別の女児殺害事件2件(未解決)について、「本当に君がやったのかそこを聞きたい」と森川元検事から問われ、菅家さんは一転して「やってません」と震える声で答え、3事件を否認。県警が逮捕前日に任意同行した時の出来事を中心に10分ほど詳細に語った後、「警察で夜遅くまで調べられまして。全然認めてくれないんですよ。このままやってないと言うと、殴るけるとかされるんじゃないかと」と声を詰まらせた。
 元検事が事件への関与を再度確認すると、「全然かかわっていません。絶対言えます」と返答。「裁判所では事件は間違いないと認めたでしょ。なぜなの」と聞かれると、「警察の人が裁判の時はちゃんと話すんだぞと言うから」「警察でも拘置所でも同じような所と考えてた」と涙声で説明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し

大雨警報・注意報、5月から市町村単位に(読売新聞)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
千葉・市原で民家全焼、姉妹?2遺体見つかる(読売新聞)
<名古屋市>住基ネット離脱に意見50件 賛成1、反対35(毎日新聞)
<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 05:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
ネットビジネス
クレジットカード現金化
競馬情報
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
情報起業
債務整理・自己破産
競馬サイト
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM